• ホーム>
  • 製品の特長   >
  • ごみゼロラベル® の特長

ごみゼロラベル® の特長

3つのムダをなくすために、剥離紙をなくしました

ごみゼロラベル® は、ラベルの剥離紙(台紙)をなくすことで、一般的な剥離紙付ラベルが抱えていた「ムダ」を解消しました。これにより、導入〜廃棄までのトータルコスト削減を可能にします。

剥離紙がなくなってラベルのムダが解消

 ごみゼロラベル® が解消した3つの「ムダ」

1.「コスト」のムダをなくす
≫ 剥離紙をなくすことで、20の製造原価削減
ごみゼロラベル® は、一般的な剥離紙付ラベルと違い、製造段階から剥離紙を使用しません。
原材料のムダをなくし、製造原価の約20%削減を実現しています。

※剥離紙付ラベルからごみゼロラベル® に変更した場合(10万枚製造時、当社内調べ。サイズ・枚数など諸条件により削減効果は異なります)
2.「作業」のムダをなくす
≫ サイズを90コンパクトに/持ち運びやすく貼付けやすい
一般的な剥離紙付ラベルより約90%コンパクトになり、ラベルの使いやすさが違います。
一度に多くのラベルを持ち運べ、大量の貼り付けが可能に。片付けも楽になり全体の作業時間を短縮。
作業中のムダな時間をなくします。

※剥離紙付ラベル:A4サイズ(297×210㎜)の剥離紙に30×30㎜のラベルが40枚付いている場合との比較。「ずらし積層ラベル」では40×187㎜の台紙にラベルが50枚付き、約90%コンパクトになります。
3.「環境」へのムダをなくす
≫ 台紙ごみ91以上の削減 / CO243削減
ラベル製品から剥離紙を約91%削減でき、CO2を約43%削減が可能です。
輸送(原料・製品等を輸送する際の工程)時まで考慮すると、更に削減効果が見込めます。

※50×50㎜サイズの剥離紙付きラベル10万枚を「ずらし積層ラベル」にした場合。

 選べる4タイプ

ごみゼロラベル® シリーズは、積層タイプ2種/個別タイプ2種の計4種類をご用意しています。

ごみゼロラベルは、4種類

 広がる使い方・活用シーン

ごみゼロラベル® シリーズの活用シーンをご紹介しています。
≫ ごみゼロラベル® の活用シーン

ページトップに戻る